コロナで使える携帯用ハンドジェルの在庫が豊富で格安購入しやすい個人輸入

この記事は約5分で読めます。

マスク同様、なかなかアルコール消毒の商品を入手できない人もいるでしょう。そのような方におすすめしたいのが個人輸入で求める方法です。

輸入となると面倒な手続きが必要のように感じるでしょうが、まるで通販のように購入することができます。ただし1ヶ月の購入は24本までと決められていますので、ここは注意してください。

コロナで使えるハンドジェルは今後の需給も厳しい状態

手指向けのコロナで使えるアルコール消毒商品の増産を各メーカーが行っています。安心の国内産であっても、ボトルは中国で製造しているメーカーもあり、ハンドジェルの出荷が遅れている状態です。

ネット通販を利用しても高額になっていることが多く、なかなか納得できる商品が見つからないこともあるでしょう。そんな時におすすめしたいのが個人輸入で求めることができるハンドジェルです。

スポンサーリンク

オパシーのアンチバクテリアルハンドジェルはコロナにも使える

EWI Lab株式会社が販売しているオパシーのアンチバクテリアルハンドジェルであれば、個人輸入を通せばまだ在庫があります。

3月の上旬は注文が殺到し、すぐに売り切れになった人気の商品ですが、まだ在庫に余裕がありますのでこちらで求めるのもひとつの選択肢です。

ひとつ注意してほしいのは、今回出荷される商品によって別のラベルになっていることがあります。しかし中身は同じの濃度75%のアルコールが含有されています。

携帯用ハンドジェルの在庫が豊富で格安!

持ち運びができ、気になった時にぱっと使いたいのもハンドジェルです。

オパシーのアンチバクテリアルハンドジェルにはボトルタイプ50mlの携帯用があります。これであれば持ち運びが可能で、気になった時にいつでも使うことができるでしょう。

携帯用ハンドジェルがなかなか在庫がないことも多いですが、個人輸入を通すことが豊富に在庫がありますので、こちらでも求めるのもひとつの選択肢です。

前回は1本からの販売でしたが、6本からの購入になりました。

円高傾向であることからこれからも安くなる可能性があります。3月18日現在6本セットは、1本あたり360円の値段です。上限の24本購入であれば、1本あたり246円の格安となっています。

ネット通販ではなかなか見掛けることができない金額です。

玄関先に置けるハンドジェルの在庫も豊富

携帯用だけではないのがオパシーのアンチバクテリアルハンドジェルです。玄関に置くことができますので、予防に貢献するでしょう。

最近はお店の玄関前にもアルコール消毒を見掛けなくなっていますので、容量が多めのタイプも品薄傾向です。しかし個人輸入であれば24本にすると6480mlも求めることができます。

こちらも24本の上限に近くなればそれだけ安くなりますので、備蓄としては十分な量になるはずです。前回はすぐに売り切れましたが、今回は豊富に在庫があります。

コロナ蔓延の影響で配送が遅延していたアルコール消毒の入手が早まる予定

個人輸入であればハンドジェルを求めやすい環境になっていますが、ひとつ気をつけてほしいことがあります。

コロナウイルスの世界蔓延の影響で、出荷までに1週間から10日掛かっていることから到着するまで時間がかかっていました。

しかしそれが改善されています。

オオサカ堂のアナウンスでは、3月25日から遅延状態が解消される予定です。今まで最大10日ほど出荷予定がかかっていましたが、これが解消されます。

よって今までのように時間がかからずスムーズな発送ができる予定ですので、アルコール消毒を少し早めに入手することができるでしょう。

遅くなることからオパシーのアンチバクテリアルハンドジェルの購入をためらっていた方は、検討してみてください。

個人輸入のオオサカ堂って大丈夫?

個人輸入を仲介しているのがオオサカ堂です。

ネットには悪評もありますが、個人的な見解として安心することができるサイトです。今までサプリメントを10年ほど求めてきましたが、到着しなかったことは一度もありません。問い合わせも親切に接してくれます。

他の個人輸入代行業者はさらに高い値段でオパシーのアンチバクテリアルハンドジェル、または他のアルコール消毒商品を販売しているところもあります。

しかしオオサカ堂は適正価格で販売していますので、このようなところにも好感を持てます。

こんな方には個人輸入のハンドジェルをおすすめできない

  • どうしても国内産が良い
  • 到着に時間が掛かるのはちょっと(少し早く入手できるようになります)
  • 商品自体に信頼ができない

このような方にはおすすめすることができません。

ただし商品を販売している会社は日本で登記されています。他にもスキンケア商品を中心に販売実績がある会社です。

コロナで使えるハンドジェルは在庫があるオオサカ堂へ

アルコール消毒の需給が追いついていない、そしてボトルが中国で作られているメーカーも多いことから増産体制であっても出荷が間に合っていない状態が続いています。

これから少しずつ改善していく期待は持てますが、確実に今ある商品を確保したいのであれば、在庫に余裕がある個人輸入のなかでも信頼できるオオサカ堂を通してコロナで使用できるハンドジェルを求めるのもひとつの方法です。

メリットとデメリットを見極めて、購入を検討してみてください。

転売よりも、個人で使うもしくはご友人にわけるような使い方をしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました