コロナで活躍するハンドジェル消毒液は在庫に余裕 個人輸入で購入する時の注意点

この記事は約5分で読めます。

マスクもない、やっとネットで購入できると思ったら気が遠くなるような金額に落胆した人もいるでしょう。その現象がそのままアルコール等の消毒液にも起きています。

1000円もしなかった商品が6000円近くで売られていたり、やっとみつけたと思ったら送料が高い、または入荷待ちが起きているのが現状です。

そんななか個人輸入のオオサカ堂で、こんなハンドジェルを見つけました。

前回殺到したコロナで使えるハンドジェル消毒液の在庫

コロナで消毒液のハンドジェルの在庫が少なくなる時期から、殺到した商品です。すぐになくなるほど人気でした。

現在安定して供給することができています。在庫も十分ですので、なかなかお店で見つけることができない方におすすめすることができます。

スポンサーリンク

コロナで消毒液がなくても個人輸入でハンドジェルを購入できる

複数本購入することもできますが、1本からの購入もできます。270mlが1800円ほど(為替で変動)。送料は無料ですので、今の現状であれば良心的な値段になるでしょう。

持ち運びができる50mlタイプもあります。

コロナの影響で店頭で見つからない方におすすめできる商品ですが、個人輸入を利用する際の注意点がありますので、理解した上で求めることをおすすめします。

海外からの取り寄せでどのくらい時間がかかる?

輸入になることから特別な手続きが必要になると感じるかもしれませんが、まるで通販のように利用できます。ただ海外から発送となりますので到着まで時間が掛かるだけです。

しかしコロナウイルスの影響で、配送元も混乱をしていることから遅れています。

確認している段階では、オオサカ堂で求めると11~14日ほど掛かる予定です。3~5日ほどで納品できるようになりました。

発送までに時間が掛かっていましたが、いまでは安定して出荷することができています。ただし航空貨物船が減便していることから、到着までさらに時間がかかる可能性が高いです。

店頭の消毒液も順次入荷をしているようですが、入手できるのかは別問題。

個人輸入で求めた時、到着まで11~14日の期間を長く感じるのかどうか?ここは難しい判断となります。

オパシーのアンチバクテリアハンドジェルって大丈夫?

やっぱり日本製が信頼できる!という方には、残念ながら対象外となるでしょう。

それ以外の方に知っておきたい情報は、オパシーのアンチバクテリアハンドジェルを販売しているEWI Lab株式会社は登記されている会社です。

スキンケア製品を中心に販売しています。アンチバクテリアハンドジェルに関しては国内未販売。今のところ個人輸入でしか購入することはできません。

販売元の紹介になります。ご一読してご自身の判断で購入を検討してください。

届いた商品とパッケージが異なることをオオサカ堂がアナウンスしています。しかし安心してください。

個人輸入の商品は、パッケージが異なることも多いですが中身は変わっていません。個人輸入のなかでも長く運営しているオオサカ堂が扱っている商品になりますので、この点は安心できる材料です。

1ヶ月に24本まで!それ以上購入すると廃棄処分

どこもかしもコロナの影響によって商品がないことから、大量に購入をしたい気持ちもわかります。しかし24本以上の購入は認められていません。

オオサカ堂では24本までしか購入ができないようになっていますが、注文後再購入をしても廃棄処分をされる可能性がありますので十分気をつけてください。

あと郵便局留めも不可、お届け先は自宅住所を記載しないと届かないこともありますので注意を。

ちなみにクレジットカードの利用はできません。ただし多くの銀行口座を持っており、入金すると確認が早いのもオオサカ堂の特徴です。

ただし先述したように、現地でもコロナウイルスの影響から発送も遅れていることは理解しておきましょう。

ハンドジェルとして使えないけれど漂白剤を使った消毒液の作り方もある

それでも日本製ではないことから不安に感じる人もいるはずです。

ここでひとつ知っておきたいのは、何も消毒液はアルコールだけではありません。漂白剤でも作ることができます。

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。

ただしハンドジェルのようには使えません。使うと肌荒れを起こすこともありますので避けてください。人が手に触れるものや気になった場所に使うようにしましょう。

換気や濃度などにも気をつけないといけませんので、自信がない方は避けてください。

コロナの状況によって今後の消毒液の流通が不透明

今後コロナウイルスが日本で感染拡大をするのかどうか、いま瀬戸際の段階です。今後の状況がまだわからないことから、もし酷くなるようなことがあれば消毒液も不足することが考えられます。

その時に備えてオパシーのアンチバクテリアハンドジェルの購入をしておくのも、ひとつの対策になるはずです。

また厚生労働省が推奨している薬用石鹸の手洗いも怠らないようにして、なんとか乗り切っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました