売り切れが多くなっている使い捨てのゴム手袋のストック対策として個人輸入を活用する

この記事は約4分で読めます。

医療・介護現場では使い捨てのゴム手袋不足の声も聞こえてきます。ただし求める声はこれらの業種だけではありません。

このコロナ禍において必須アイテムになっているのが、使い捨てのゴム手袋です。

使い捨てのゴム手袋が売り切れ状態であり、なかなか手に入らないことも増えています。しかし個人輸入であれば比較的簡単に入手でき、ストック対策としても有効的です。

スポンサーリンク

使い捨てのゴム手袋を個人輸入で購入

感染予防のために使い捨てのゴム手袋を必要としている業界が多く需要が高まっていることから、なかなか購入できないことも多いでしょう。

日本のお店で購入できる製品もありますが、すぐに売り切れになり再入荷待ちも多くなっています。またコロナ禍で問題になっている転売ヤーの標的にされる可能性もこれからある使い捨てのゴム手袋。

だからこそ在庫があるときに購入しておくことをおすすめします。特にこちらの製品はストック切れ対策として有効的です。

個人輸入で約1週間ほどで納品されます。

ISO規格を満たしている品質認証の使い捨てゴム手袋

そうは言っても海外の品になることから粗悪品を疑うこともあるでしょう。医療や介護現場となると神経質になりますが、他の業界であれば100均などで売っている品でも十分と考える人も多いはずです。

こちらの使い捨てのゴム手袋はタイ生産で品質はISO規格も満たしていますので、安心して使用することができます。コロナ禍でよく見掛けた海外から送られてきたけれど、規格外や粗悪品で使えないこともありません。

多くの業種で活躍する製品であり、もちろん医療機関でも使用できる品質認証された使い捨てゴム手袋です。

個人輸入の同梱発送限定の条件を満たす方法

サイト先にある個人輸入における同梱発送限定がよく理解できない人もいるでしょうが、そんなに難しく考える必要はありません。

同じ使い捨てのゴム手袋をもうひとつ購入することで条件を満たし、支払いと進むことが可能です。女性が使えるSサイズと男性も使用できるMサイド双方(もちろん同じサイズも)を購入することで成立する条件でもあります。

ちなみに送料は無料です。

ヤマト便発送商品の注意点について

ヤマト便発送商品についていろいろと条件があることから面倒のように感じるでしょうが、今すぐにでも求めている方であれば2点注意するだけで良いです。

  • 注文は1セットだけ
  • 4週間以内の注文は不可

数量の選択はひとつしかできませんので間違えることはありません。

しかし同梱発送限定を含め、2箱セットなどの使い捨てゴム手袋を購入することは認められており、それで1セットの計算になります。

例:同梱発送限定品と2箱組の商品を1セットにしても決済まで進みます。

4週間以内の注文不可は、使い捨てのゴム手袋だけに限らず、このサイトや他者の個人輸入代行業者を含めて通関日から4週間を満たしていない場合は、複数個購入できません。

4週間とありますが、余裕を持って約4週(5週間ほど)みておくことをおすすめします。個人輸入のケースではよくあるルールですので、これらかも利用する際は注意しておきましょう。

スポンサーリンク

個人輸入でも約1週間で納品される使い捨てのゴム手袋

コロナ禍の影響で航空貨物便が減便されていることから、個人輸入では約3週間ほどの納品遅延が発生しています。しかしヤマト便となると早く発送手続きが行われ、3~5日ほどで納品が可能です。

遅くても1週間ほどで納品されます。

使い捨てゴム手袋のストック切れを起こさない対策としてある個人輸入

日本の会社が販売している使い捨てのゴム手袋はまだ安く販売していますが、いつ売り切れになるのかわかりません。必要な業種であればそのような製品を確保し、さらにストック切れを起こさない対策も必要です。

ストック切れを起こさないためにも活用できるのがこちらの使い捨てゴム手袋であり個人輸入です。

売り切れで困っている、ストック切れを起こしたくない方や担当者の方にこそおすすめの対策になります。

使い捨てのゴム手袋同様に活躍しそうな成分鑑定済みの安心できるジェル状の消毒液。

販売当初は個人輸入でも売り切れが続出した人気のハンドジェルは格安の値段で購入できますので、感染予防対策としてこちらも検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました