個人輸入は安心できる?AGA治療薬を購入する時の注意点

この記事は約6分で読めます。

AGA治療で利用している人もいるでしょう。最近はハンドジェル消毒液のオパシーアンチバクテリアルハンドジェルで初めて利用した人もいるかもしれません。

もう10年個人輸入を利用している私が安心できたポイントを紹介します。そして医薬品を求める時の注意点について知っておいてほしいことがあります。

個人輸入代行業者は安心できる

ネットのレビューでは個人輸入代行業者が酷評されていることもあります。「リスクがある」のは確かですが、安心できるポイントがあるのも事実。

10年以上、AGA関連のサプリ、そして塗りミノ(いわゆるミノキシジル外用薬)を購入し続けた私が安心できるポイントを紹介しましょう。

スポンサーリンク

偽物が心配なら成分鑑定がある商品を購入する

偽物の可能性があることから個人輸入の注意喚起が行われています。

しかし長年運営しているのが、個人輸入代行業者オオサカ堂。この点は安心と信頼の証です。仮に問題があれば2020年で23周年も運営することができません。

またオオサカ堂は主要の製品には成分鑑定を行い、その証明を提示している良心的な個人輸入代行業者です。

成分鑑定がある商品を購入すれば、偽物を求めることなく安心することができます。

私がAGA治療で長く続けているサプリメントも成分鑑定がついています。一度日本製の商品を浮気しましたが、こちらに戻りました。

L-リジンに関しては亜鉛も一緒に含有されていることから、お得なAGA関連のサプリです。意外とすごいです、このサプリ。AGA治療と一緒に飲用することで得られた回復だと感じます。

ミノキシジル内服による初期脱毛からの回復経過を写真で振り返る
もう大丈夫だろうと過信してミノキシジルタブレットの内服を止め、プロペシア(ジェネリック)で維持しようしましたが失敗。薄くなったことからミノタブの再開をした今年の1月。回復の記録として1週間の間隔で写真を撮ってきました。 初期脱毛によっ...

ミノキシジルタブレットによる2次脱毛かプロペシアの積もりに積もった飲み忘れによる脱毛からの復活

AGAの回復を写真で振り返るといろいろあったと感じる
紆余曲折の言葉がぴったりなほどいろんなことをAGA治療で経験しました。それでも諦めなかったことによって、ここまで回復することができたことを写真で振り返ります。

個人輸入代行業者はこんな使い方もできる

仕事柄このような場面に遭遇しました。

ラグビーW杯で外国人の観光客が多かった去年、「日本の制汗剤が合わない」と不満の女性外国人がいました。コンビニやドラッグストアで売られている制汗剤と外国人の相性がよろしくなかったようです。

そんな時、個人輸入代行業者で購入をしてホテルなどに配置しておけば、しっかりおもてなしができたようにも感じます。

いまはコロナで大変でしょうが、インバウンドの恩恵を受ける会社は欧米の外国人向けの制汗剤を用意しておくのも良いかもしれません。

送料無料の通販のように利用できる

Amazonプライムを利用している人、もしくは最近話題になった楽天など、送料無料が通販を利用する時のひとつの条件になることも多いです。

個人輸入となると特別な手続きや送料が発生するように感じるでしょうが、特に個人輸入代行業者は送料無料で特別な手続きも必要ありません。

まるで送料無料の通販です。

またAGA関連の商品となると、品が人の目に触れられることに嫌悪する方もいるでしょう。

英語の印紙は貼られた段ボールで送られ、通関で必要となる品目には「supplements」と書かれていますので、何を購入したのかはわかりません。

コロナの影響で配送が遅れているがしっかり到着!

台風の影響もありましたが、以前に比べると配送から到着までの時間が掛かるようにもなったのが個人輸入代行業者です。いろんな事情を憶測することができますが、それでもしっかり到着しますので安心してください。

経験上、今までは早くて1週間以内に到着をしていましたが、いまでは10日前後。しかし最近はコロナで航空貨物便が減便していることもあり、その影響から2週間以上掛かる予定です。

そのとおり2週間以上掛かりますが、しっかり到着しますので届かないことはありません。そして今まで一度もそのようなトラブルに遭ったことはないです。

スポンサーリンク

AGA治療薬を個人輸入代行業者で購入する時の注意点

保険適用外になることから格安で購入することができる医薬品を求めるために、個人輸入代行業者を検討し、そのなかでも信頼されているオオサカ堂の利用を考えている人もいるでしょう。

それでも安心できるオオサカ堂でいきなり購入することは、当サイトとしておすすめできません。

当サイトとしても個人輸入代行業者で医薬品の購入を無責任におすすめすることはありませんし、AGA関連につきましてはL-リジンと亜鉛のサプリしか推奨していません。

まずはAGA専門クリニックで相談し、それから費用の問題に直面して利用することをおすすめします。製品に関しては安心できますが、医薬品になりますので副作用についてはしっかり懸念しておくべきです。

医薬品副作用被害救済制度を使えない

フィナステリド・デュタステリド、そしてミノキシジル。あまり副作用がない医薬品の評判ですが、それでも心配をしておかなければなりません。

仮に副作用が起き、身体に健康被害が生じたとしても医薬品副作用被害救済制度を使うことはできません。

これはAGA専門のクリニックで未認可医薬品(ミノキシジルタブレット)の処方を受けた時も同様の扱いです。

ちなみにフィナステリドやデュタステリドは認可されている医薬品ですので、制度の対象になるとのこと。ただし個人輸入で求めて副作用が生じた場合は、制度の対象外になります。

個人輸入で医薬品を求める時は、よく理解しておくべきポイントです。

AGA治療で処方されるミノキシジルタブレットは個人輸入経由

ちなみに未認可医薬品であり、攻めのAGA治療薬として有名なミノキシジルタブレット。クリニックで処方を受けていましたが、担当医いわく個人輸入経由で処方しているとのこと。

クリニックによっては、砕いたりパッケージを変えて独自で開発したように装って処方していることもあります。個人輸入で安く購入できるのに、クリニックを通せばその倍以上の金額で販売していることになります。

しかも医薬品副作用被害救済制度も使えないミノキシジルタブレットの条件下で、このようなことが起きています。

だから担当医も「何にも言えねーよ」状態で、今に(ミノタブだけはオオサカ堂)至ります。

だからといっていきなり個人輸入で求めることは推奨しません。最初は必ずクリニックを通してから処方するようにしてください。

サイトに繋がらなくなることもある個人輸入代行業者

私も経験したことがあります。突然個人輸入代行業者のサイトに繋がらなくなる。

このようなことが起きる原因は、未認可医薬品を売っていることを懸念している団体レジットスクリプトの関与です。ドメインを閉鎖することによって医薬品を販売させない目的のために行っています。

いまでは厚労省も権限を与えているほどの団体です。

しかしこのようなことが起きても、個人輸入代行業者は新しいドメインを発行し営業を続けています。いたちごっこが起きている状態です。

再びこのようなことが起きる可能性がありますが、もし繋がらない場合は新しいドメインをSNS等を通して情報収集に努めると、簡単に新しいサイトを知ることができます。個人輸入代行業者からメルマガなどでお知らせが来ることもあります。

ちなみに深夜や朝方は繋がりにくい状態があるのも個人輸入代行業者。この時間帯でサイトに繋がらない時は「ドメイン封鎖!?」と早合点しないようにしてください。

コロナで遅れているけれど安心の個人輸入代行業者

AGA治療薬また他の医薬品の購入について十分注意する必要があり、医薬品の購入については推奨はしていませんが、通販で購入できるサプリやハンドジェル消毒液は質もよく、しっかり届けてくれるのが個人輸入代行業者のオオサカ堂です。

コロナの社会情勢で届きにくい状態が続いていますが、安心して個人輸入代行業者でサプリやハンドジェル消毒等の購入をご検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました