Appleのオリコローン審査は意外と緩い!属性が悪い人でも通ることも

この記事は約3分で読めます。

スマートフォンが壊れたどうしようもない弟が困っていたので、お古のiPhoneをあげようと告げました。すると次の日連絡が来たのです。

「兄さん、オレ審査通った!」

パソコンのメール履歴が添付されていました。こんなどうしようもない属性を持つ人物でも、Appleのオリコローン審査は意外と緩いことを、弟の承諾を得て伝えます。

Appleのオリコローン審査は意外と緩い

いろいろとだらしない弟。借金まみれで一発当てて完済することを繰り返し、妻からも「苦手」とはっきり口にされるのは兄としては辛い。

そんな弟であってもApple製品を分割した時に利用することになるオリコローンの審査に通過しました。

スポンサーリンク

こんな属性を持つ人間でも審査を通過した

  • 銀行カードローンと消費者金融合わせて借金が200万円ほど(この言い方はたぶんもっとある)
  • クレジットカードを1枚所有しているが、他は通過したことがないと豪語。(その一枚もこちらが作ってあげた)Apple購入前にクレジットカードの申し込みをして落ちたよう。
  • 30代中盤で収入は消費者金融から借りられる制限の総量規制を満たしていると推測。よってそれなりにある。
  • 返済は一度も遅れたことがない、そしてローン申し込みで偽ったことがない(当たり前)のが誇りのよう。(お金を借りることを願ったのは一度もない)

こんな属性を持つ人間がいくら審査が緩いといわれるショッピングローンであっても通ることが不思議なのですが、添付されたメール履歴の説明を受けると本当のようです。

オリコの審査完了通達は早い

夕方6時過ぎに注文。

まずAppleで注文するとそのままローン審査へと進む。申し込み完了のメールが来て、10分ほど待つと「契約内容ご確認のお知らせメール」が来る。

そこに貼られているURLに行くと本人確認があり、確認ボタンを押すと「契約完了」。

オリコからの振込を確認したAppleから配送メールが送られてきた。

このようなことを言っていました。

Pro系統を購入したようでそれなりの値段がするはず。こちらも本当にそんなことが起きるのかと疑い検索してみると、Proを購入した人でもオリコの審査に落ちた人の声が多数ありました。

どんな審査をしているのかと不思議です。

購入したApple製品は1週間で2回

しかも調子に乗ってiPhone注文から1週間後にApple製品を購入したという弟。パソコンを買い替えたいことでMacbook Proを購入しこちらも審査が通ったと言っています。

マジでどんな審査をしているのだろう。

返済に遅れたことがないのが自慢。収入の安定はしておらず一定期間でがつんと稼ぎ完済するような不安定な生活をしているものの、支払い能力はあることからさほど心配はしていませんが、逆にオリコさんが心配です。

こんな弟に限って、髪はふさふさなのですから人間とは不条理ですね。

2020年Apple製品の新作発表も噂されているので審査の参考までに

新型のiPhoneそして新型iMacや自社開発のチップを搭載したMacbookの販売などが噂されているのが、2020年のApple。

購入を検討している人もいるでしょう。

支払える余裕があることが条件となりますが、なんとしてでもApple製品が必要になるけれど審査が通るのか不安だと感じてる方の参考になれば。

コメント

タイトルとURLをコピーしました