AGAは男性ホルモンが原因と鵜呑みにしないことも大切

この記事は約5分で読めます。

正しい治療を行なうことがAGA治療に不可欠ですが、それ以外にも改善に大きく関与したと感じることがあります。

そのひとつが男性ホルモンです。

AGAは男性ホルモンが原因で起きることが広く知られていることから、諸悪の根源のように言われています。たとえば「性的に関心が強いと薄くなる」、「性行為(自分で行なう行為)をすることで薄くなる」など、よく喧伝されており、それが原因になる可能性があります。

しかしAGAだからこそ、男性ホルモンをそこまで毛嫌いしないようにすることをお勧めしたいです。

AGAの天敵の男性ホルモンはジヒドロテストステロン

AGA対策を行っている方であればよく理解していることですが、あくまでもAGAの方が憎むべき存在はジヒドロテストステロンです。

むしろテストステロンはAGAの方にとって、有益な男性ホルモンになります。

スポンサーリンク

薄毛になるメカニズムを理解しよう

ある酵素と結びつき男性ホルモンのテストステロンからジヒドロテストステロンに変化します。脱毛因子を作り、毛乳頭に「抜けなさい」と指令を行なう存在です。

男性ホルモンが薄毛になる存在とよく知られていることから、本来は薄毛の方にこそ有益な存在になるテストステロンまで男性ホルモンとして十把一絡げで諸悪の根源とされていますが、憎むべき存在はジヒドロテストステロンです。

性欲の強さに関係することから、実際性行為(自分で行なう行為も)で「出して」満足することがあれば、テストステロンは減っていきます。それを補うために、減ったテストステロンと酵素が結びつき、ジヒドロテストステロンを産生。AGAの直接的な原因になります。

テストステロンが減る状況はいくつかあげられますが、そのなかでジヒドロテストステロンを産生させやすくなるのが性にまつわる行為になることから「性欲の強さ」で男性ホルモンをひっくるめて諸悪の根源と言われることが多いです。

AGA治療のお供に

オオサカ堂で購入する時の注意点

テストステロンはAGAにとって有益

実は髪の毛を太く強くする育毛効果があるのがテストステロンです。

AGAの原因とされる男性ホルモンに、AGA改善に必要な要素を持つ存在です。ここは混同しないようにしてください。

AGAにおいて、テストステロンは善玉男性ホルモン・ジヒドロテストステロンは悪玉男性ホルモンと考えるとわかりやすいでしょう。

手軽にテストステロンを増やす方法

ただ善玉の男性ホルモンが増えていることを、なかなか実感するのは難しいです。女性にモテる、肌ツヤや良くなるなどありますが、主観ではなかなか判断することができません。

それでも手軽にテストステロンを増やす方法があります。

短時間で筋トレやランニングをする

短いインターバルで筋トレやランニングをすることで、善玉の男性ホルモンであるテストステロンが増えると言われています。よく知られている増やし方ですね。

ただし長時間するのは禁物です。特にランニングになると、45分以内が良いとされています。研究ではマラソンを走る男性は、テストステロンが減ることが発表されていますので、考えながら取り組んで行きましょう。

太陽を浴びるとテストステロンが増える

20分程度太陽に浴びることで、テストステロンが増えることがボストン州立大学の研究でわかりました。また生殖器に浴びることでさらに効果的となるとのこと。

ヌーディストビーチなどあればいいのですが、法に引っかかる行為になりますので、場所を考えて工夫して行ってください。「薄毛改善のためにした」なんて動機がニュースで流れないように。

種とオメガ3脂肪酸と卵を食べる

善玉男性ホルモンを増やす食材として、手軽に取れるのが、種のナッツ類・青魚の脂肪に豊富に含まれているオメガ3脂肪酸・亜鉛が豊富で善玉コレステロールを増やす卵があげられます。

マグネシウムや亜鉛がテストステロンを増やすことに貢献することから、種や卵は効果的です。また最近ではサバの缶詰を食べることで増毛したことも話題になりましたが、間違いではない取り組みのようです。

ちなみに僕は、育毛に効果があるL-リジンと亜鉛をAGA治療薬に加えています。

アレを出さない性への興味

「出すこと」がテストステロンを下げ、それを補うためにジヒドロテストステロンが増えると考えるようにしてください。しかし「出さない行為」をしなければ、テストステロンが増えることがわかっています。

泌尿器科医・小堀善友先生のお話であれば、出す瞬間をピークにテストステロンが上がるとされています。ただしそのコントロールをするのが難しいことから、性的な興味を持つことまでに留めると良いでしょう。

たとえば「大きくなるまで」で終わる程度がちょうどよい。

ちなみにテストステロン濃度は1週間でピークに達することから、それ以上出すことを我慢しても意味がないと言われています。

テストステロンを高めるコントロールを僕は意識して行いました。その結果が出たようにも感じます。

ジヒドロテストステロンの対策がAGA治療のスタート

大切なことは、男性ホルモンにも2種類あり、AGAで問題視しなければいけないのはジヒドロテストステロンであることです。それを産生させないために、善玉男性ホルモンであるテストステロンを減らさない・増やすといったコントロールが推奨されます。

ただしどんな状況であろうとテストステロンがジヒドロテストステロンを産生することから、その対策は必須です。

その対策として効果的なフィナステイリド・デュタステリドの医薬品を使って、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの産生を抑えることがまず先に行なうべきAGA治療です。

そこからテストステロンのコントロールをすることをお勧めします。

AGAにまつわる男性ホルモンの仕組みを理解したことは、僕にとって有益でした。効果的にプロペシアとミノキシジルタブレットの効果を引き出せたようにも感じます。

プロペシアとミノタブによる回復経過

クリック・タップしてください。詳しい経過はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました