頭頂部型のAGAで悩む男性へ「薄い」を指摘されない傾向と0円の対策

この記事は約5分で読めます。

AGAで悩んでいる男性の多くは、薄いことを指摘されたくないはずです。これは女性も共通しているはず。そんなときに僕が行った薄いことを指摘されない効果的のように思えた対策をご紹介します。自身で実行してきましたので、きっと有効的でしょう。

ひとつ言及しておかないといけないことは、僕のように頭頂部が薄い方に向けた傾向とお金がかからない0円の対策。

もう明らかに「薄い」方、そして前頭部に問題を抱えている方には、参考にならず申し訳ありません。

光は薄毛の指摘を受ける誘因

後頭部型だけではなく、前頭部型にとっても危惧しなければいけない、AGA共通認識である光の対策について。普段はまったく薄い状態ではないのに、強い照明に当たると薄く見えることもある。だからこそ、厄介な存在なのです。

AGAの方は照明の明るさを確認

たとえば飲食店のライトに注目してみましょう。直接当たるところと、そうでないところで薄毛の状態が変わってきます。普段はまったく薄毛ではないのに、強い照明を浴びるとつむじ付近が薄くなる。

それくらい照明は薄毛の指摘を受ける誘因です。

暗い場所に座れば問題解決

薄いと自覚しているのであれば座らないことをお勧めします。直接当たる照明を避けるだけでもまったく変わってきます。普段薄くない人が、つむじ付近が薄く見えるくらいになるのが照明ですので、AGAで悩んでいる方が浴びればその衝撃は計り知れません。

なるたけ暗い場所を求めることで、指摘を受ける可能性も少なくなるでしょう。

カウンター席しかないバーを探したことも

バーでは有効でした。基本雰囲気を出すために、暗いことが多いのもバーです。一部照明が強いカウンター席がありますが、そこを避けることで隣の人には薄いことを隠せます。

しかし後ろからは丸見え。

だからカウンター席しかないバーばかり探していた時期もありました。

AGAになって陽光を憎む

AGA治療が成功したいま、太陽を憎むようなことはありません。

暑くなってきました。帽子を被りながらAGA対策や現状維持に効果的なランニングをしているのですが、時折帽子を脱いで汗を拭います。そんなとき、薄いことすら気にならなくなりました。

でもそうではないとき、太陽を憎んでいました。照明よりタチが悪い。誰にも平等に降り注ぐのですから、薄い時ははっきりとその状態を可視化します。

AGAで悩む男性もしくは女性(FAGA)の共通の敵として認識しましょう。

天気が悪い日は見た目に優しい

当然ですが、天気が悪い太陽が弱い日は見た目にも優しい。ふと歩いているときに自分の頭髪が見えた時、そんな日は増えたような錯覚を覚えるものです。

薄いことで悩んでいる方は、太陽が優しい日になることを願いましょう。しかし限界がありますので、そう簡単な対策ではありません。

顎を上げることで薄い頭頂部を守りやすい

太陽が敵な日は、顎を上げることで薄い頭頂部を守っていました。

しかしデメリットもあります。後ろからは頭頂部がまるみえ。顎を上げている分、後ろからは薄い頭頂部が見えちゃうのです。

また顎を上げすぎると、イキっているように見えます。僕が薄くなった30代前半くらいでも、そんなイキり方はみっともない。

意識的にちょっとあげるくらいが最適です。

でも本当に効果があるのかどうかは、客観的に判断すると怪しいです。

太陽不信仰を支持します。回復すれば改宗しましょう。

回復して太陽が好きになりました。

後頭部が薄い場合は後ろに気をつけて

頭頂部が薄い方にとって、後ろは守らなければいけないゾーン。後頭部は薄くなることはそうないのですが、後ろからこそ頭頂部が薄く見えやすいのです。

だからこそお店でも後ろに壁がある席に座っていました。でもそう簡単ではありません。

絶望すら感じる歓送迎会

歓送迎会になると、大きな会場で行われる機会もありますよね。そんな時、AGAベストポジションである壁のゾーンがもう埋まっていることもあります。そのゾーンに入るために、なるたけ歓送迎会の会場入りは早めにし、壁がある場所に座っていました。

それでも通用しないときがあるとです。座布団に座るようなことがあります。

これが最悪なんです。立つと座っている人の頭頂部は丸見え。きっと僕も影で薄いことを指摘されていたのでしょう。

AGAで頭頂部型は、後ろを完璧に守ることは難しいのです。

天井に鏡があると逃げ出したくなる

カラオケやキャバクラなど、天井に鏡がある場所がありますよね。もうAGA後頭部型の方にとって最悪の地帯です。

お店に入ってそんな環境であった時は絶望します。カラオケもそんなに歌いませんし、キャバクラも話に花が咲きません。

ただしそんなに天井を見ている人って、いないのかもしれません。熱中しているのでしょう。

しかし気を抜いてはいけません。気になって見上げると、気づかれる可能性もありますので、上を見たい気持ちをぐっと抑えておきましょう。

僕は見たことがありましたが絶望しましたね、自分の薄さに。

後頭部型のみなさんに届いたら

僕はこのようにして、AGAで薄い後頭部を守ってきました。守られたこともあったり、そうでなかったり、自己満足であったりする部分もありますが、参考になったらと。

もちろん、ミノタブの再開によって回復したいま、そのような悩みは皆無になりました。回復の方向性を持ちながら、初期脱毛や回復までの後頭部が薄いことを指摘をされない対策として試みてください。

ひとつ言い忘れていましたが、ミノタブの初期脱毛が酷い時期は、このような対策は一切通じません。

あれは悪夢でした。でもここまで回復する期待と希望を忘れないでください。

クリック・タップしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました