育毛剤とサプリメントを薄毛治療に併用することで起きた嬉しいこと

この記事は約5分で読めます。
薄毛治療に育毛剤とサプリメントの併用

いろいろと薄毛の改善に期待できる育毛剤やサプリメントを使ってきたけれど、まったく改善しない!

そんな不満を抱いている方が、今では圧倒的です。

薄毛治療(AGA治療)では、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)そしてミノキシジル(外用薬や内服薬)を使用し改善目指すのが一般的です。

育毛剤やサプリメントの単体だけでは改善できないのが通説になっています。

しかしながら、薄毛治療と併用すればどうなるのか?

  • ミノタブの初期脱毛でスカスカになった状態からの回復
    2019年2月1日の状態

ミノキシジルタブレットを中止し再開すると初期脱毛からの回復

薄毛からこのような回復の経過をたどり、今でも現状維持の僕がおすすめしたいのは併用です。

スポンサーリンク

育毛剤とサプリメントを薄毛治療と併用することで起きたこと

ザガーロとミノキシジルタブレット5mgの薄毛治療を今でも継続しています。そこに併用するかたちで、育毛剤とサプリメントを使っています。

この併用で期待以上の改善を実感しました。

医薬部外品の育毛剤で濃く強く黒々とした頭髪を実感

薄毛治療薬を使い、寝る前だけに育毛剤を使用しました。

あのすーっとする感覚が気持ちいいことから、血流促進などの期待よりもこちらの気持ちよさを優先し、1ヶ月続けてふと気づいたことがあります。

濃く強く黒々とした頭髪の手触りを感じるようになった。

調子が良いときと悪いときが交互にやってきて、時には抜け毛が増える時期も体験していますが、育毛剤を使い始めて極端に減っています。

育毛剤単体だけではそれほどの期待することはできませんが、薄毛治療と併用することで血流促進や抜け毛防止を感じるようになりました。

医薬部外品の育毛剤は、意外と薄毛治療と相性が良い存在のように感じます。

ミノキシジル外用薬ではなく育毛剤を選択した理由

今では個人輸入を使って薄毛治療薬を入手していますが、定期的に薄毛治療のクリニックにも通っています。

ときどき調子が悪く抜け毛が増える時期もあることから、ミノキシジルタブレット10mgの服用を医師に相談したところ、「おすすめしない」と断られました(以前10mgを勧めた医師談)。

循環器からみても薄毛治療のために使用するにはミノキシジルタブレット5mgが限界で、たとえ外用薬であったとしてもそれ以上使うことはおすすめしないとのこと。

このような理由から、タブレット10mgをあきらめ、さらにミノキシジル外用薬ではなく育毛剤の併用を決断しました。

口コミなどではミノキシジルタブレット10mgを服用し劇的に改善した方々もたくさんいることを確認していますが、このような話を聞き、僕はミノキシジル5mg限界を選ぶことにしています。

そして医薬部外品の育毛剤で良い頭髪環境を維持できています。

スポンサーリンク

リジンと亜鉛に特化したサプリメントを飲み始めて頭皮環境がよくなった

薄毛治療に育毛剤とサプリメントを併用して、濃く強い頭髪を実感できるようになりましたが、最も大きな驚きを感じたのが頭皮環境が良くなったことです。

ひょっとすると育毛剤が良かったのかもしれませんが、リジンと亜鉛に特化したサプリメントをその前から飲用しており、育毛剤を使う前から頭皮環境の改善を感じるようになりました。

頭皮の皮脂が多く、頭皮湿疹に悩まされることも多かったです。

プロペシアからザガーロに変更してから頭皮湿疹が少なくなりましたが、それでも完全になくなることはありませんでした。

しかしリジンと亜鉛に特化したサプリメントを飲用するようになって、めっきり頭皮湿疹が少なくなり、頭皮の皮脂もそれほど感じなくなっています。

特に蒸し暑い夏になってからこの体感は強くなっていますので、AGAで薄毛治療をしている方で頭皮湿疹に悩んでいる方におすすめしたいリジンと亜鉛に特化したサプリメントです。

使っているのはL-リジンのサプリメントと育毛剤アデノゲン

リジンと亜鉛に特化したサプリメントは、ずっとこちらを使っています。

時々他の製品に浮気することもありましたが、お気に入りなのは変わりありません。

コロナの影響で届くのが遅くなることもある個人輸入ですが、比較的早く入手することができるようになりました。

2本購入すると1本無料でついてくるサービスもあります。

育毛剤もいろいろと使っていましたが、お気に入りはアデノゲンです。

他の製品と比べても使用後のベタつきが少ない点を気に入っています。

薄毛治療と併用することで育毛剤のアデノゲンの評価が変わり、今では最もサイズが大きい製品を購入しています。

薄毛治療と併用して使ってほしいおすすめの育毛剤です。

医薬部外品の育毛剤とサプリメントは薄毛治療と併用することがおすすめ

AGAと自覚しても薄毛治療をせずに、ドラッグストアなどで購入できる医薬部外品を使っていましたが、まったく改善しませんでした。

抜け毛を止めるそして育毛と発毛をしっかりと実感できる最初の選択は、薄毛治療であることは変わりません。

それに加えてさらに改善したいのであれば、育毛剤とリジンと亜鉛に特化したサプリメント使うことをおすすめします。

なかなか効果が出ないときは、プロペシア(フィナステリド)からザガーロ(デュタステリド)に変える、ミノキシジル外用薬から内服薬、ミノキシジルタブレット5mgから10mgに変更することもひとつの選択になるでしょう。

しかしその前に、薄毛治療に育毛剤とリジンと亜鉛に特化したサプリメントを併用する手段があることを、頭の片隅に入れておいてほしいです。

それで改善しないのであれば、ステップアップした薄毛治療の検討を進めるのも遅くない判断です。

プロフィール
管理人

40代前半の男性。2児とハゲに優しい妻と4人暮らし。
20代後半から始めた10年以上のAGA治療歴。調子に乗って治療中断すると、抜け毛が増えてしまった。慌ててミノタブを服用すると初期脱毛でスカスカになる。

ここから完全復活したことをブログにしました。体調と相談しながら、参考にしていただければ。

管理人をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AGAと薄毛治療について
管理人をフォローする
もくもくとAGA
タイトルとURLをコピーしました