若くしてハゲに悩んでいる男性は早めの対策を

この記事は約4分で読めます。

20代前半から感じることもある男性の薄毛はいろんな要因がありますが、その多くは男性ホルモンが影響を与えるAGAです。正しい方法で早めに対策をすることで、若くしてハゲの呪縛にとりつかれている男性はその悩みから解放されます。

早い対策こそが今後を左右することを忘れないでください。

スポンサーリンク

若いハゲの対策はAGA治療が最も効果がある

年齢関係なく抑えてほしいのは、AGAが原因である薄毛は医学的なアプローチによる治療が最も効果があります。さらに若いハゲの対策は、なおさら効果の期待が高くなりますので、早めに行動してください。

僕はこのように回復しましたが、若いハゲで悩んでいる方にこそ知っておいてほしいことがあります。後悔しないためのポイントです。

  • ミノタブの初期脱毛でスカスカになった状態からの回復
    2019年2月1日の状態
ミノキシジル内服による初期脱毛からの回復経過を写真で振り返る
もう大丈夫だろうと過信してミノキシジルタブレットの内服を止め、プロペシア(ジェネリック)で維持しようしましたが失敗。薄くなったことからミノタブの再開をした今年の1月。回復の記録として1週間の間隔で写真を撮ってきました。初期脱毛によって失...

薄毛に効果があると言われている対策はほとんど意味がない

「マッサージが良い・運動に効果がある・サプリや食べ物に関心を」僕もそのような方法で試してみましたが、まったくといって効果がありませんでした。

まったく意味がないとは断言しませんが、まずはAGAが原因であれば若いハゲの原因を作っている男性ホルモンジヒドロテストステロンと対峙しなければなりません。

サプリでも対策ができるように言われていますが、僕の場合はまったく効果がありませんでした。若いハゲに良いとされるさまざまな方法がありますが、まずはAGA治療を行うことを優先してください。

ここがスタートであり、ここから「マッサージなど」の対策が功を奏します。僕のケースではAGA治療を最優先にして、サプリメントスカルプケアを加えることでようやく効果を感じることができました。

早い時期に治療をすることで完全回復も期待

AGA治療薬で最初に服用することになるのがプロペシア(フィナステリド)になるでしょうが、若いハゲを自覚している段階であれば、この医薬品を服用するだけで済む可能性があります。またそれだけではなく、完全回復の期待も高いです。

症状が進行していけばそれだけ回復までの期間は長くなりますし、完全回復の期待も薄まります。僕の場合も完全回復のように写真では見えますが、頭頂部の髪のコシの強さは完全に戻っていません。

早い段階で若いハゲの対策をAGA治療薬で行うことで、回復までの期間の短縮と完全回復に期待することができます。

スポンサーリンク

早めの治療が費用を抑えることに

完全回復の期待をすることができるのと同時に、早めの治療を行うことで費用を抑えることも期待を持てます。

僕の状態であればプロペシアだけでは回復できませんでした。頭皮が見えている状態ですので発毛の要素が必要になってきます。そうなるとミノキシジルに頼る必要があり、ここで費用がかさみます。

若いハゲの自覚をしている時は、抜け毛の本数が増えていることや髪のコシが弱くなっているなどの自覚症状がほとんどであり、発毛まで求める必要がないことも多いです。

そのようなケースであれば、十分抜け毛防止と育毛効果を持つプロペシアまたはザガーロ(デュタステリド)の医薬品だけで対応が可能です。

クリニックによって価格は異なりますが、1ヶ月あたりプロペシア7000円(ザガーロ10000円)となり、発毛が必要になればミノキシジル外用薬(5000円薬局でも購入可)ミノキシジルタブレット8000円です。

7000円で終わるのか、それともプラスアルファが必要になるのかの世界になります。

先が尖って細い抜け毛が増えているのであればAGAの兆候が疑われますので、早めに行動してください。

AGA初期症状の抜け毛

クリニックに相談してから今後のことを考える

相談先はクリニックをおすすめします。

最近は初診でもAGAのオンライン診療ができるクリニックが増えていますので利用するのも良い方法です。問診だけで対応できることがほとんどで医薬品は郵送で受け取ることができます。

持病や血液検査の結果に問題がある方は、クリニックに通って診察を受けてください。医薬品を服用することができる身体であることを専門家から確認してもらう作業を怠らないようにしましょう。

個人輸入を使うことで圧倒的に費用を抑えることができますが、重篤な副作用が生じることもあります。特に若いハゲに悩んでいる男性は、性欲減退の副作用があると今後のライフワークに問題が生じる可能性も。(僕はサイズは小さくなったと妻から言われていますw)

性的な問題だけではなく臓器への悪影響も考えられますので、まずはクリニックに相談することをおすすめします。それから安全性を確認することができれば、ようやく個人輸入へのステップです。

ただし定期検診はしっかりと受けてください。

AGA治療に一度手を出してしまうと、頭髪をあきらめる日まで続けなければいけません。だからこそ費用が問題となり、その対策が個人輸入となりますが安易な考え方で医薬品を自己判断で求めて服用することは避けてください。

これも若いハゲとの正しい向き合い方です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました