薄毛から回復した男が語るケトコナゾール系シャンプーの率直な感想

この記事は約4分で読めます。

プロペシアとミノタブとL-リジンと亜鉛のサプリメントでAGA治療を行っています。皮脂が多く頭皮湿疹にも悩んでいたことから、改善と予防に期待できるケトコナゾール系シャンプーを試してきました。

薄毛から回復した男が率直に述べるケトコナゾール系シャンプーの感想です。

スポンサーリンク

ケトコナゾール系シャンプーで有名な2商品を使った感想

頭皮湿疹には抗真菌剤が効くことから、ケトコナゾール系シャンプーはひとつの対策です。

頭皮湿疹の原因である真菌の一種であるマラセチア菌は、皮脂を好物としています。マラセチア菌はケトコナゾールで撃退することができます。

よってシャンプーで皮脂を取り除くと同時に、ケトコナゾール含有のシャンプーでマラセチア菌を倒すことで頭皮湿疹の改善を図るのもひとつの方策。

またケトコナゾールはAGAの原因であるジヒドロテストステンの産生を頭皮にて防ぐ効果も。このようなことからAGA治療におけるスカルプケアとして人気を集めているのが、ケトコナゾール系シャンプーです。

市販では見つからず、個人輸入に頼るのが最も入手できる方法。そのなかでも人気があるのがこれらの商品です。

ニゾラールシャンプーは一時的に頭皮湿疹に効果あり

 

ニゾラールシャンプーの効果は一時的だと感じます。

週に2回ほどそして週に1回の感覚で使ってきましたが、その数日は良くそれが過ぎるとまたぶりかえすことが多かったです。シャンプー後の翌日、頭皮湿疹がつぶれて浸出液が出てそれが固まり、それを取ると頭皮が一緒に抜けるようなことも。

しかしニゾラールシャンプのレビューでは改善した人も多いですので、僕とはちょっと違うようですね。

ちなみAGA治療薬としてプロペシアからザガーロに変えてから頭皮の皮脂が少なくなりました。そこから頭皮湿疹ができる割合が極端に減ったのも事実です。

僕の場合、皮脂が増えるという5α-還元酵素の1型がAGAの症状を悪くしているようです。よって皮脂を減らす生活習慣も大切のようにも感じます。

頭皮湿疹に良かったのはケトコロストシャンプー

 

ニゾラールシャンプーがけっして頭皮湿疹に効果がないとは感じませんが、僕と相性が良かったのはケトコストシャンプーです。

AGAの原因を抑制する効果がありますが、頭皮湿疹についてはこちらがしっくりきたと感じています。

例のニゾラールシャンプで感じた浸出液のような症状はなく、頭皮に優しいイメージがあります。僕の皮脂が少なくなったのはザガーロですが服用前から使ったケトコストシャンプーは皮脂が少なくなり、頭皮湿疹ができることも減ったのは嬉しかったです。

ただし生活習慣が乱れるとできることも多かったですので、やはり頭皮環境だけではなく体の内側からの改善にも関心を持たないといけないのが頭皮湿疹のように感じました。

スポンサーリンク

どちらも洗浄力が強く皮脂が増えることも

ニゾラールシャンプとケトコストシャンプーどちらにも言えることですが、洗浄力が強いです。

洗った後にキシキシとした感じがすることから、その後リンスが必要になるほど頭皮が洗われている感覚になります。(リンスを僕はやめました)

洗浄力が強いことからそれを補うために頭皮が皮脂を欲して、さらに増えるような感じがしました。どちらにもそのような感覚がありましたが、特にニゾラールシャンプはその傾向が強いように感じます。

僕とニゾラールシャンプの相性があまり良くなかったことを論理的に考えていけば、そこから皮脂が増えてマラセチア菌が活性化し頭皮湿疹が起きると考えると溜飲が下がります。

こればかりは個人差がありますので、どちらかを試して自分に合ったケトコナゾール系シャンプーを見つけてください。

カフェインシャンプーは頭髪を強くする印象

 

僕は薄毛の状態からここまで回復しました。

  • ミノタブの初期脱毛でスカスカになった状態からの回復
    2019年2月1日の状態

頭皮湿疹に悩まされていたことからケトコナゾール系シャンプーを使うきっかけになり、同時にスカルプケア商品にも興味があり、そこからカフェインシャンプーを試すとこれが頭髪に良いと実感しています。

頭髪にハリやコシができてて、根本から元気になっている印象を持ちました。頭皮湿疹にはさほど効果があるように感じませんので、ケトコナゾール系シャンプーを週に数回使い、後はカフェインシャンプーを使う感覚で使用しています。

AGA治療を基本として頭皮湿疹のためにケトコナゾール系シャンプーを使う

ケトコナゾール系シャンプーとして、ニゾラールシャンプとケトコストシャンプーを試してきて頭皮湿疹には効果があると感じます。しかし単体としてAGA治療に効果があるのかというと、それは懐疑的な印象です。

僕のように頭皮が見えている状態であれば、素直にAGA治療を開始するほうが良いでしょう。AGAの原因を抑制することができるケトコナゾール系シャンプーであったとしても、AGA治療薬ほどの効果は見込めないと感じます。

AGAは治療の開始が早ければそれだけ回復の兆しがみえるのが早く、改善も十分に期待することができます。

頭皮湿疹予防や改善のために使うのは否定しませんが、AGA治療の主力になるとはそれほど感じません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました