ミノタブとザガーロの減薬を1ヶ月試したが再開後の変化なし

この記事は約3分で読めます。

サンプルにはならないかもしれませんが、ミノタブとザガーロの減薬を1ヶ月試してみました。すると変化はなく、再開後2週間(3週間近く)になってもいまのところ初期脱毛も認められません。

あまり参考にならないでしょうが、僕の体感からすると「減薬いけるかもしれない」なんて感じてしまいました。賢明な皆さんは実施せずに参考程度におさめてください。

スポンサーリンク

ミノタブとザガーロの減薬を1ヶ月しても問題なし

クリニックの医薬品ではなく個人輸入のAGA治療薬を試して、その変化を知りたくなりました。

オオサカ堂で購入をしましたが、3週間掛かる(実際は2週間で配達)予定。薬の在庫はありましたが、1ヶ月間減薬してみようとふと企画的に考えました。

すると1ヶ月経過しても現状維持、再開して2週間以上経過も初期脱毛は起きていません。

ミノタブは5mgを半分ザガーロは4日に1回

行った減薬の内容は、ミノタブ5mgを半分に割って服用・ザガーロはカプセルですので4日に1回にしました。

ザガーロ(デュタステリド)は血中濃度の半減期(3日から2週間)あるとされています。抜け毛に関しては問題がないように感じましたが、ミノタブの服用をやめたことでこんなことになった過去を持つのが私。

  • ミノタブの初期脱毛でスカスカになった状態からの回復
    2019年2月1日の状態

その時の抜け毛防止の役割を担っていたのはプロペシアでしたが、ミノタブをやめてから薄くなり再開したことで壮絶な初期脱毛を経験しました。

つまりミノタブで増やした髪は、プロペシアでは維持することができない結果です

少し心配でしたので、ミノタブは継続していこうと考え、5mgを割る減薬に挑戦。

割るといっても均等に2.5mgになるわけではない(と思う)のでその点は曖昧ですが、減薬の内容はこのようになります。

丸1ヶ月経過しましたが、なんら変化はありませんでした。写真を撮影してきましたが、直近の撮影時とまったく同じですので撮ることに意味を見出すことができないほど現状維持です。

1ヶ月だけになりますが減薬で維持することができました。

再開して3週間近く経過後も初期脱毛なし

現状維持になりましたので、再び再開することにします。ミノタブ5mgとザガーロ1日1回です。3週間近く経過しましたが、こちらも初期脱毛はなしです。

過去の経験からミノタブに関しては再開から2週間で初期脱毛を感じましたが、まったく抜け毛が増えることはありませんでした。

もしかするとここからなんて怖い想像をしましたが、プロペシアからザガーロに変えて服用した初期に感じたように頭髪に強いハリが出てきましたので、元気になっている状態です。

過去の減薬体験でミノタブは3ヶ月プロペシアは飲み忘れでも薄毛に

過去ミノタブとプロペシアの減薬によって、痛い目に合ったこともありますので、念の為に記しておきましょう。

ミノタブは完全に断ってから3ヶ月で薄毛が目立つようになりました。プロペシアは飲み忘れにより結果的に減薬となり、積もりに積もって(1日置きなどを繰り返した)約1ヶ月程度の飲み忘れで抜け毛が目立つように。

ミノタブの方は初期脱毛からの復活写真でもわかるように早かったです。プロペシアの回復は2~3ヶ月程度かかりましたので、こちらのほうが不安でした。

ここから学ぶべきことは、AGA治療薬は組み合わせが重要であり、飲み忘れも悪い結果を招くことです。

ザガーロ・デュタステリドがすごい可能性も

1ヶ月程度ですのでそれほど参考にならないと感じますが、今回異なる点が1点あります。それはプロペシアではなくザガーロを服用したことです。

プロペシアは1ヶ月程度の積もりに積もった飲み忘れで抜け毛が増えていきましたが、ザガーロは4日に1錠服用してもまったく問題はありませんでした。

ザガーロのデュタステリドが長く作用することでカバーすることができたようにも感じます。プロペシアから変更したザガーロ・デュタステリドですが、これは僕のAGA治療に合っているのでしょう。

減薬される方は必ず医師と相談して行うことをおすすめします。。

  • ミノタブの初期脱毛でスカスカになった状態からの回復
    2019年2月1日の状態

コメント

タイトルとURLをコピーしました