クリニックのミノキシジルタブレットは個人輸入経由

この記事は約5分で読めます。

僕がお世話になっているクリニックの医師に尋ねてみました。「このミノキシジルタブレットってどこで作られているのですか?」答えは「大きな声では言えませんけれど、個人輸入代行業者からなんです」。

医薬品を個人輸入で求める時の最大の問題点である偽薬について揺らぐ事態でもあるでしょう。

AGA専門クリニックのミノタブは個人輸入経由

未認可の医薬品を輸入して使うことができるケースとして3点あります。

  • 緊急性が高いこと
  • 代替の治療案がないこと
  • 医師の管理と責任で行なうこと

どうみても緩い条件で運用されているのが、未認可医薬品使用の実態です。

その医薬品をどこから仕入れているのかというと、個人輸入になります。

プロペシア等のフィナステリドやザガーロ等のデュタステリドは国内産であることがほとんどですが、ミノキシジルタブレットになると個人輸入から仕入れているのがAGA専門クリニックの事情のようです。

クリニックによってはそのままのパッケージであることも

医師がいうには、パッケージを替えて個人輸入から仕入れてたミノキシジルタブレットを処方しているケースが圧倒的に多いけれど、そのままのパッケージで処方しているクリニックもあるとのこと。

個人輸入であれば為替によって変動しますが、ミノタブは3000円ほど出せば購入できるのに、クリニックであればその倍以上で処方されているとなると、患者というよりか消費者の視点からみてももやもやした気持ちになってしまうのも無理はありません。

その差額は、血液検査や診察費無料などで相殺しているケースが多いと言いますが、そのような説明を受けていない実態について、僕らAGAの患者は知るべきことです。

オリジナル内服薬がミノキシジル配合のケースも

オリジナル内服薬としてミノキシジルを配合している医薬品を処方しているクリニックもあるようです。

粉砕して、プロペシア(フィナステリド)やミノキシジルを1度で服用することができるようにしているクリニックも。またそこにL-リジンや亜鉛などのミネラルやビタミンを配合してオリジナル内服薬にしているクリニックもあるようです。

少し前まではミノキシジルタブレットが未認可であることから、抵抗感をなくすためにミノキシジルが配合していることをネット上では隠し、処方する際に説明しているクリニックもあったとか。

個人輸入よりも高い費用で処方されている事実

個人輸入でミノキシジルタブレットを購入する最大のメリットは格安であること。しかしクリニックはその倍以上の金額が掛かっているがほとんどですよね。

クリニックによっては、初診・再診料を無料にして相殺しているケースもありますが、それでも患者の視点からみれば高い費用で処方されている実態であることから、ここが不満に映るのは仕方がないことでしょう。

「だったらもう個人輸入でミノキシジルタブレットを購入しよう」といった気持ちになってしまうのも無理はありません。しかしそれ以上にクリニックで処方されるメリットがあることも理解しておくべきです。

スポンサーリンク

クリニック経由のミノキシジルタブレットは限りなく安全に近づける

格安で求めることができる強いメリットを持っているのが、個人輸入で購入するミノキシジルタブレット。クリニックのミノタブが個人輸入経由だと知れば、このメリットはさらに強調されることになるでしょう。

しかしながらクリニック経由だからこそ、限りなく安全に近づけるAGA治療が出来ることも理解しておくべきです。

クリニックと個人輸入に違いがあるミノキシジルタブレットの服用

クリニックと個人輸入で出来ることとそうではないことを知れば、その違いが見えてくるはずです。

ミノキシジルタブレットが偽薬である確率

クリニックにとっては偽薬であると大きな問題になることから、安全に購入できる個人輸入代行業者から仕入れていると言います。名をあげてはくれませんでしたが、成分鑑定を行っている業者ということから僕らがよく知っている個人輸入代行業者の可能性が高いです。

ミノキシジルタブレットが偽薬である確率からみれば、クリニックも個人輸入もそう違いがないように見えます。

もちろん運営歴が長く、信頼できる個人輸入代行業者が対象になります。

安全に服用ができるのはクリニックしかない

未認可3要件にあるように、医師の管理で服用することが求められています。ここからみれば、特定の医師不在で服用しなければならない個人輸入と、管理してもらえるクリニックでは圧倒的な差が生まれてしまいます。

最近は血液検査キットも販売していることから自身の健康状態を把握することができるようになりました。個人輸入のデメリットを打ち消すことができる手段でもあります。

しかし初期脱毛やちょっとした相談などができる環境があると安心できます。小さな変化がとても気になるのもAGA治療。精神安定剤の役割として存在しているのもクリニックであることを忘れてはいけません。

安全に服用するのであれば最初はクリニック経由がおすすめ

確かに費用が高くなるのがクリニックです。そこが最大のネックになり、クリニックもミノキシジルタブレットを個人輸入経由で入手している実態を知ってしまえば、個人輸入に傾倒してしまうことも無理はありません。

しかし安全性や精神の安定からみれば、AGA専用クリニックは大きな役割を果たしてくれます。

特に副作用が問題視されるミノキシジルタブレットを服用しようと検討しているのであれば、せめて最初くらいはクリニックを通した方が安心できます。

初診でAGAであるのかどうかも診断を受けるわけですから、限りない価値があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました