ミノキシジルを中断してフィナステリド等でカバーできる?

この記事は約3分で読めます。

失敗したからこそ語ることができます。ミノキシジルタブレットを中断し、満足の頭髪状態でプロペシアでカバーしようとしましたが完全に失敗してしまいました。

個人差があると考えますが、僕のケースではミノタブを中断してフィナステイドなどで発毛した頭髪を維持するのはできませんでした。

医師の見解によると難しいのが現状

ミノキシジルタブレットによって発毛が促されたことから、抜け毛を防ぐフィナステリド等を使って維持するのは難しいというのが主治医の見解です。薬を減らすことはできても、服用しなければ現状維持は難しいとのこと。

理論的には正しいように感じますが、研究がそこまで進んでいないことからまだ手探り状態のようですね。

デュタステリドの服用でミノタブ中断は可能?

僕がお世話になっているクリニックでもデュタステリドの処方を希望する患者さんが増えていると主治医は言います。

僕のケースでは今までフィナステリドでカバーできていたことから、選択されない薬ですが、デュタステリドであればミノタブを中止してカバーできるのか?気になるでしょう。

フィナステリドよりも効果が高く、他の酵素をテストステロンと結び付けないことからフィナステイドで効果を感じられない方に選択されることが多いデュタステリド。

それでもミノタブを止めて、この医薬品だけで維持するのは難しいようです。

あくまでも発毛させて成長させたのはミノキシジルであることから、それで結果が出たのであれば外用薬やタブレットで維持させるのが基本となっているようです。

スポンサーリンク

ミノキシジル中断で維持できている人も

ただ主治医が言っていたことは、AGAに絶対がないことです。

ミノタブを完全に絶って、フィナステリド等のジヒドロテストステロンの産生を防ぐ医薬品だけでカバーできた人もいると言います。

その他の成功例になるのが、ミノタブや外用薬を隔日にして維持できている人もいるようです。毛母細胞の活性化を衰退させない程度に使って、ミノタブで発毛した頭髪を維持しようとする作戦です。

ミノタブをやめようとする理由

ミノキシジルタブレットをやめる理由として多いのは、費用の問題です。保険を使うことができない自己負担の治療になることから、なるたけミノタブだけはやめたい考えがあります。

その他健康上の理由で辞めたいという人もいます。主治医の話では、血液検査の結果が悪かったり、明らかに体に変化が出た時はストップをかけるようです。

このような点からも、医師とミノキシジルタブレットの関係性は切って切れないことがわかるでしょう。個人輸入は確かに費用の面で魅力的ですが、医師が管理している状態で服用することが正しいミノタブの使い方だと感じています。外用薬よりも効果に期待できるからこそ、リスクがあると考えるようにしてください。

ちなみに僕がやめようとしたのは、転勤によって通っていたAGAクリニックとお別れすることになったからです。他のクリニックでは遠隔受診で医薬品を郵送してくれるサービスなどもあることから、そのようなところを受診していれば問題が起きなかったのかもしれません。

自分の都合に合わせて通院できることも、AGA治療において重要なポイントになるでしょう。

AGA治療のお供に

オオサカ堂で購入する時の注意点

中断は必ず医師と相談してから行おう

ミノタブやミノキシジル外用薬を中断して、フィナステリドなどで現状維持に成功する人もいますので、期待を持つこともできるでしょう。ただし自己判断で行うことはお勧めできません。

僕のようになってしまう可能性があります。

 

何度も言いますが、ミノキシジルタブレット再開による初期脱毛は、本当に心が折れるくらいの衝撃でした。ミノキシジルの中断は自己判断で行うのではなく、医師と相談して計画を立てて管理しながら行うことをお勧めします。

個人輸入に頼らず、医師の管理で服用していたにもかかわらず、僕のように勝手な自己判断によって頭髪を失うことがないように、必ず医師に相談することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました